妊娠している猫ちゃんの場合

早期避妊をすると以下のような利点があります。

できるだけ、生後3〜4ヶ月頃に手術を済ませることをお勧めします。
生後3〜4か月(体重2s以上)になれば気管チューブも挿管でき、安全なガス麻酔下において手術を行うことができます。
妊娠している猫の手術は、手術をする側も大変心が痛みます。なるべく早めに予約をして手術をしてくださると、とても有り難いです。