本文へスキップ

○○町の○○○科クリニック。あびこ動物病院です。

猫 避妊去勢 説明clinic guide

手術方法について

  • 気管チューブを挿入し、ガス麻酔下(イソフルレン)にて行います。(A・Bコース共通)
  • 手術で使用する器具などは、全て高温高圧滅菌(オートクレーブ)を行っております。(A・Bコース共通)
  • メス刃、注射器、OPE用手袋は、すべて使い捨てにしております。(A・Bコース共通)
  • メスは卵巣と子宮を全部切除します。(A・Bコース共通)
  • 傷口は抜糸する方法で閉じます。 (A・Bコース共通)
  • 飼い猫はモノフィラメントの吸収糸(マクソン2-0)を皮下に使用します。       
  • 野良猫やお外に出ていく猫ちゃんは、安全のため、皮下はモノフィラメントの非吸収糸(ナイロン)を使用します。
  • 通常傷口は1p程度ですが、発情・妊娠している猫ちゃんは傷口が大きくなります。猫ちゃんに負担が大きいので、発情・妊娠する前(約生後6か月より前)に手術をしてください。
  • オスは抜糸はありません。 (例外はあります)
  • 野良猫や外に出る飼い猫ちゃんには、手術が済んでいる証拠を残すために耳をV字にカットします。
  • ご希望の方にはワクチン1/3量を無料でサービスしています。
※ Bコース予約について
  • 担当者携帯までご連絡ください。
  • 診察券をお持ちの方は番号もお知らせください。
  • FAXの場合は随時。折り返しこちらから確認の電話をしますので、連絡先を明記しておいてください。(休日、夜間にFAXを送信された場合は、お返事が翌診察日となります。)
  • キャンセル待ちの方に連絡をする場合、緊急を要するため担当者の携帯から電話をすることがありますので番号を登録しておいてください。SMSメッセージでご連絡できる方はその旨お知らせください。夜間などはメッセージで連絡させていただきます。
  • 連絡先    
     携帯電話番号  09085296781                 午前11時〜午後11時まで SMS(いつでも)
     FAX番号     06-6694-0889           
     メールアドレス  abikoah2828@nifty.com
 

耳カットについて

当院ではBコースで手術をする場合、外に出る猫ちゃんには、耳にV字の切り込みを入れることを標準としています。 耳カットというのは、お外で暮らす猫ちゃんを避妊・去勢した後、「手術済み」の目印に、耳に少しだけV字の切り込みを入れることをいいます。

[なぜ、耳カットか?]

お外に出ている猫ちゃんの場合、色んな人の目に触れるため、別々の人に何度も捕まえられて、手術されそうになることがあるからです。ご近所に猫が嫌いな方がいる場合、耳をカットしている猫が、避妊・去勢済みであることを知っていただくことにより、保健所に通報されるといったような、様々な摩擦を回避できます。猫は室内で飼うことが義務づけられつつある昨今、外に出る猫ちゃんが暮らしやすいように配慮することは、大切なことであると考えています。 外に出る猫ちゃんで、耳カット不要の場合は、Aコースで予約をお取りいただくようにしておりますので、ご了承ください。

[ワクチン接種について]

野良猫など、手術の時しかワクチン接種のチャンスがない猫ちゃんの場合、当院では無料でワクチンを1/3だけ接種しています。
副作用などのリスクもありますが、パルボの大発生(PC表示)を抑える効果もあります。
良い点と悪い点を考えながら、猫ちゃんにとってより良い選択をしてあげてください。
2015年秋からパルボが大流行しておりますので、ワクチン接種は特にお勧めします。

ナビゲーション